機械式時計をトラブルから避けましょう

機械式時計は日頃から丁寧に扱うとトラブルを防げ、長くコンディションを保てます。特に、磁気が発生する家電やパソコン、スマートフォンなどに近付けないのが大切です。機械式時計のムーブメントは細かな金属部品で構成されており、部品が磁気を帯びてしまうと時間を正確に表示しなくなってしまいます。故障に至るほどのトラブルには一般的になりませんが、磁気帯びしたら時計職人へ脱磁を依頼しなければなりません。留め金に磁石が使われているバッグへ入れてしまったなどでも磁気帯びする場合があるので注意しましょう。また、防水機能搭載のアイテムであっても、汚れたからと言って腕に着けたまま入浴したり、お湯で洗浄したりするのも避けましょう。温度の高い湯で洗えば汚れ落ちが良さそうですが、ケース内部の潤滑油が漏れ出す可能性があります。機械式時計を洗浄する場合は冷たすぎない水やぬるいお湯を使うと良いです。

清潔を保ってオシャレをしましょう

機械式時計はステータスを表現するファッションアイテムとして、世界中のセレブからも人気があります。なるべくなら綺麗な状態を保ちたいので、目立った汚れがなくても使用したらアイテムを傷つけない柔らかな布等で拭き掃除をしましょう。風防ガラスとベゼルの縁やメタルバンドの留め金などは皮脂汚れが付着しやすいので、柔らかな歯ブラシや綿棒で時々汚れを取り除くと良いです。また、ケースに付着した皮脂汚れが思いがけない部分からムーブメントへ侵入する場合もあるので、なるべく清潔を保つようにして下さい。

グランドセイコーは日本の腕時計メーカーで部品生産から組み立てまで一貫して時計職人が仕上げているのが特徴となっています。