ペットの一生に責任をもてるか?

日本は今、超高齢化社会を迎えています。高齢者こそ伴侶動物としてのペットは重要だといえますが、そこには「ペットを買ったとしても、終生まで世話がしきれるのか?」という大きな問題もあります。ペットの一生に責任をもつことは、買う際の義務です。責任をもつとは、飼育にかかる費用を残しておく、家族や親友に譲る約束をしておく、老猫・老犬ホームとあらかじめ契約しておく、などが挙げられます。

自身の体力と相談しよう

高齢者が買うペットの種類を見極めるポイントは、散歩をちゃんとできるかどうかです。動物には各々の必要な運動量がありますから、その運動量を満たすために、まずは自分の体力を正確に把握しましょう。毎日の散歩が無理であれば、運動量が少ない猫や小型犬にすべきです。大型犬や中型犬は毎日の散歩が必須です。また、排尿や排便の管理がちゃんとできるかや、必要量の食事の準備と衛生的な飼育環境の整備も、ペットを買う際にしっかり見極めましょう。

他の人が世話をすることも想定しよう

ペットを買った人に、もしものことがあった場合の対策を決めておくことは、高齢者に限らず大切なことです。つまり毎日の世話を将来的に引き受けてくれる家族や施設があるならば、何歳からペットを買っても良いといえます。しかしながら高齢者が飼い主であるということは、万が一のことが起こった際に、その責任を誰かに託す可能性が高いということです。誰が引き継いでも世話をしやすいペットを買うことが、幸せなペットライフを送るための道なのではないでしょうか。

子猫販売なら神奈川がいま注目されています。子猫ブリーダーから直接購入することができるので、猫種が多く生命保証制度も充実しています。